Direct Holdings

広告支援Advertising

約9割のクライアント様がレスポンスの改善に至った
「インサイト型クリエイティブ」についてご説明いたします。

コミュニケーションを通じて
ダイレクトマーケティング
ビジネスを加速させる

ダイレクトマーケティングとは、企業(メーカー等)と生活者が直接つながり、価値交換を行うビジネス形態です。流通・小売を介さないため、企業の顧客に対するコミュニケーション力が事業成長スピードに強く影響を与えることになります。

ダイレクトマーケティング(通信販売等)の新規顧客創出活動においては、次の3つのポイントを事業成長フェーズに合わせて連動させることが欠かせません。ダイレクト・ホールディングスはこの3つのポイントをクライアント事業の成長に直結させる運用をプロデュースしています。

01 クリエイティブ(営業マン育成)
ニーズ潜在層にアプローチするクリエイティブ開発

ブランドスイッチが生じやすいニーズ顕在層向けだけではなく、長期的な関係につながるニーズ顕在層“気づき”“共感”を与え、レスポンスに導く「インサイト型クリエイティブ」を提案・制作しています。

見込み顧客へのインタビュー取材調査などを通じて、リアルなニーズへの理解を深め、仮説を立て、インサイトニーズを捉える確率を高めます。

ダイレクト・ホールディングスが制作する「インサイト型クリエイティブ」は9割以上の案件でレスポンス効率を改善しています。

顧客との関係性を強める統合型コミュニケーション

レスポンスを獲得できるインサイト型クリエイティブは、顧客のニーズをより深く知ることにもつながります。つまり顧客に何を提供し、何を約束することが求められているのかが明確になります。

この価値・約束を軸に認知獲得施策や啓蒙活動、CRMを連動させる統合型コミュニケーション構築が、長期的な事業の成長には欠かせません。

ダイレクト・ホールディングスでは、ブランドと顧客の全ての接点を一気通貫する統合型コミュニケーションをクライアント企業様とともに設計・構築しています。

02 メディア(出店プラン)
事業を成長させるメディア運用展開

広告メディアは店舗に例えられます。優れた営業マン(クリエイティブ)をどのお店(メディア)に配置し、パフォーマンスを引き出すのか。ダイレクト・ホールディングスでは、それぞれのメディア特性を考慮した選定・活用と、成長フェーズやクリエイティブに適したメディアプランニングと運用プロデュースを行っています

〔主な取り扱いメディア〕
新聞・折込チラシ・同梱同封・TVインフォマーシャル・TV-CM・ラジオ(生CM等)・WEB(リスティング・アドネットワーク・DSP・インフルエンサー施策)等

03 プロセスマネジメント
PDCAサイクル設計&運用

事業を着実に成長させる上でPDCAサイクルの適切な運用は欠かせません。

当たり前のようですが、実際は簡単ではありません。クリエイティブテストなのか?メディアテストなのか?その目的は何か?といった検証すべきことが明確にならず混在していることもビジネスの現場では散見され、チーム・組織に知見が蓄積されないという課題も少なくありません。

ダイレクト・ホールディングスでは、成長プロセスの中で何を検証すべきなのか?得たい答えを得るためのテスト設計はどう行うかを、数多くの運用実績を蓄積し、クライアント課題に応じて提案・運用を行っています。

WORKS

ダイレクト(新規獲得): テストフレーム設計から入り、最適な結果を導きます。
ダイレクト(既存顧客維持): 接触媒体、タイミングに合わせてアプローチを変更します。
セールスプロモーション他 : ダイレクトの知見を応用。売上増など結果を出しています。

※著作権に関わる作品については掲載を控えています。